Staff


骨バンク

スタッフ紹介

主任教授
高相 晶士 脊椎外科、脊柱側わん症
教授(医療衛生)
高平 尚伸 股関節外科、運動器リハビリテーション
診療教授
井上 玄  脊椎外科
准教授
内山 勝文 股関節外科、骨バンク、関節周囲感染(人工股関節周囲感染)
診療准教授
中澤 俊之 脊椎外科
講師
相川 淳  膝関節外科、小児整形外科
井村 貴之 脊椎外科
松浦 晃正 救急、外傷外科
小沼 賢治 上肢、関節リウマチ
宮城 正行 脊椎外科、脊柱側わん症、骨粗鬆症
齋藤 亘  脊椎外科、脊柱側わん症
診療講師
見目 智紀 上肢(肩、肘関節外科)、スポーツ
福島 健介 股関節外科、スポーツ、骨バンク
岩瀬 大  小児整形外科、膝関節外科
助 教
河村 直  救急、外傷外科
高野 昇太郎膝関節外科
白澤 栄樹 脊椎外科、脊柱側わん症
大竹 悠哉 上肢(手、肘関節外科)
目時 有希恵小児整形外科
病棟医
齋藤 広樹
土屋 真穂
三村 悠祐
村上 皓則
高岡 純一
塚田 亜裕美
宮田 樹
神部 智彦
佐井 光一
一條 友孝
遠藤 伶於奈
今野 雄太
佐藤 達郎
清水 健史
野苅家 舜
肥留川 恒平
松井 良賢
 
大学院生
庄司 真太郎
高田 研
村田 幸佑
迎  学
川久保 歩
黒田 晃義
小山 智久
宗重 響子
大橋 慶久
横関 雄司
井上 翔
石井 大輔
  • 主任教授
  • 高相 晶士
  • Takaso Masashi
  • 脊椎外科、脊柱側わん症

北里大学医学部整形外科学主任教授、同時に北里大学病院整形外科長を勤めさせていただいております高相でございます。私は整形外科の中でも脊椎の病気を専門としています。特に、脊柱の変形に関しては医師になって22年にわたり、診療・研究に情熱を注いでまいりました。しかし、北里大学整形外科は脊椎の病気ばかりを専門とすることなく様々な専門グループがあり、ほぼすべての整形外科疾患に対応することが可能であり、どの分野も日本を代表する診療・研究レベルを目指しております。脊椎・脊髄外科、股関節外科、膝関節外科、手外科、足の外科、肩関節外科、スポーツ整形外科・・・すべての整形外科専門領域の治療に高いレベルで対応しておりすので、安心して北里大学整形外科にお任せください。医局員全員が皆様の骨・関節などの運動器の健康維持と病気の治療に貢献して参りたいと思っております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

北里大学が掲げる崇高な理念は「患者中心の医療」「共に創りだす医療」です。私は、この理念を最も尊び、北里大学における診療を実践していきたいと思っております。また、北里大学の大きなテーマである高度なチーム医療の達成と、さらなる向上に努めたいと思っております。

北里大学における整形外科は大学病院そして東病院が一体となり機能しているものであり、両病院あわせて高度な整形外科医療を皆様に提供させていただきますので宜しくご理解のほどをお願い申し上げます。

最後になりますが、私達、北里大学整形外科一同は皆様のため、社会のために全力を尽くして貢献していきたいと切に思うとともに、力を結実し、前進していきたいと思っております。これからもご指導ご鞭撻のほどをお願い申し上げるとともに、私のご挨拶とさせていただきます。

[ 経歴 ]
1989年 千葉大学医学部卒業、千葉大学医学部整形外科入局、 1998年 千葉大学大学院修了、学位(医学博士)取得、 2003年 国立千葉東病院医長、 2006年 北里大学医学部整形外科学 講師、 2007年 北里大学医学部整形外科学 診療准教授、 2010年 北里大学医学部整形外科学 主任教授
[ 学位・専門資格など ]
医学博士、 日本整形外科学会専門医、 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、 日本脊椎脊髄病学会認定指導医、 日本整形外科学会代議員、 厚生労働省 筋ジストロフィー臨床研究班委員
[ 研究テーマ ]
神経筋原性側弯症に関する臨床研究、脊椎・脊髄外科、脊柱変形、脊椎インストゥルメンテーション

  • 教授(医療衛生)
  • 高平 尚伸
  • Takahira Naonobu
  • 股関節外科、運動器リハビリテーション

皆様、HPをご覧になって頂き、ありがとうございます。
私は、主に股関節外科、運動器リハビリテーション、スポーツ医学を専門に診療しています。もちろん大学病院以外では整形外科一般も幅広く見ています。当大学病院の、とくに股関節外科は全国屈指であると自負していますが、いきなり手術の推奨はしません。いらして頂いた皆様と一緒に考えています。良くなる可能性のある方法の選択肢を提示させて頂き、一番良い方法を考え抜きます。具体的には、手術をしない保存療法も重要であると考えています。そして、予防法も提案します。そのエッセンスは「体操療法オールブック(メジカルビュー社2016年発行:オール北里のメンバーで構成した全国の医師向けの本)」に書きました。関節温存手術も選択肢として重要であると考えています。「股関節骨切り術のすべて(メジカルビュー社2013年発行: 第一線の股関節外科医で構成した全国の整形外科医向けの本)」の著者にも指名されており、実際にいくつかの手技を有していることから選択肢の幅が広いことがアピールポイントです。人工関節置換術では、「MIS<最小侵襲、低侵襲>人工関節置換術(医学書院2007年発行:全国の人工関節置換術を行う整形外科医向けの本)」を最先端のアメリカからいち早くわが国に導入して翻訳しました。現在では北海道から沖縄まで全国の整形外科医が毎月その手技を修得されに来駕されています。そして、再置換術では、先進医療である骨バンクによる手術技術を有しており、全国の人工関節置換術後にお困りの方の股関節治療について、最後の砦として数多くご紹介頂いています。学術集会などでは多くのシンポジストや座長も依頼されています。このように、股関節手術では、単なる一回の手術だけを考えるのではく、患者さんの一生のライフスパンを念頭に、そのライフスタイルに合った治療法をご提供しています。
どうぞ、当院への受診をお待ち申し上げます。ただ、大学病院の方針として紹介状が必要ですので、お近くの医院等でおかかりになった上でいらして頂ければ幸いです。

[ 経歴 ]
1989年 北里大学医学部卒業、北里大学医学部整形外科入局、1998年 学位(医学博士)取得、1998年 北里大学医学部整形外科学 講師(救命救急)、2000年 北里大学医学部整形外科学 講師、2002年 北里大学病院整形外科医局長(2007年まで)、2004年 北里大学大学院医療系研究科 専任講師、2007年 北里大学医療衛生学部リハビリテーション学科 理学療法学専攻教授、北里大学大学院医療系研究科(感覚・運動統御医科学群機能回復学および臨床医科学群整形外科学)教授、北里大学東病院神経・運動器疾患治療センター 運動器外科長(2014年12月末日まで)
[ 学位・専門資格など ]
医学博士、日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本リウマチ学会認定専門医および指導医、日本整形外科学会変形性股関節症診療ガイドライン策定委員会委員、日本整形外科学会学術用語委員会委員長、日本整形外科学会社会保険委員会委員、関節外科(メジカルビュー社)編集委員、サージカルテクニック(メディカ出版)編集委員、Japan Women’s Open Tennis チーフドクター(フィジシャン)、柏レイソルメディカルアドバイザー
[ 研究テーマ ]
変形性股関節症の病態と治療、最小侵襲(MIS)股関節外科、股関節ケア、静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症)の病態と予防、整形外科スポーツ外傷・障害の病態と治療、骨粗鬆症・サルコペニア・ロコモティブシンドロームの病態と治療、同種骨・関節移植、運動器リハビリテーションと運動解析、悪い座り姿勢、体操療法、運動器ヘルスケア・ロボット
「人工股関節手術・股関節骨切り術」「ロコモティブシンドローム」「姿勢」に関する記事が、医療情報サイト・メディカルノートに掲載されました。ぜひ、ご一読ください。

URL:
https://medicalnote.jp/doctors/161116-002-QU
https://medicalnote.jp/contents/170518-001-KQ
https://medicalnote.jp/contents/170613-007-TD
https://medicalnote.jp/contents/170816-005-ZS
https://medicalnote.jp/contents/170816-006-PC
https://medicalnote.jp/contents/170130-005-HT
https://medicalnote.jp/contents/170130-006-II
https://medicalnote.jp/contents/170130-007-DI
https://medicalnote.jp/contents/161115-003-AW
https://medicalnote.jp/contents/161115-002-IL
  • 診療教授
  • 井上 玄
  • Inoue Gen
  • 脊椎外科

脊椎、脊髄疾患を担当しております井上 玄です。当整形外科では脊椎・脊髄疾患全般を対象に診療を行っております。多くの医療機関が存在する神奈川県にあって、自らが治療を受けたい、信頼に足る医療機関を選択するのは患者さんの権利です。我々脊椎チームは本学の特色を生かし、持ち前のチームワークに磨きをかけて、患者さん中心の診療に注力できればと考えておりますので、お困りの患者さんは是非ご相談下さい。

私自身は脊椎疾患を専門とする傍ら、疼痛の診療・研究に長年携わって参りました。整形外科領域の痛みでお悩みの患者さんのお役に立てれば、と思っております。よろしくお願い致します。

[ 経歴 ]
1999年 千葉大学医学部卒業、千葉大学医学部整形外科入局、2007年 千葉大学大学院修了、学位(医学博士)取得、2007年 米国カリフォルニア大学サンディエゴ校留学(2009年3月まで)、2010年 千葉大学大学院医学研究院 助教、2010年 文部科学省高等教育局医学教育課専門官(2011年3月まで)、2012年 北里大学医学部整形外科学 講師、2014年 北里大学医学部整形外科学 准教授、2019年 北里大学医学部整形外科学 診療教授
[ 学位・専門資格など ]
日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本整形外科学会 腰部脊柱管狭窄症ガイドライン策定委員コアメンバー、腰椎椎間板ヘルニアガイドライン策定委員、移植・再生医療委員会委員、人工知能(AI)ワーキンググループ、日本脊椎脊髄病学会指導医・評議員、プロジェクト委員会委員、専門医制度委員会委員、教育研修委員会委員、日本運動器疼痛学会理事、日本腰痛学会評議員、日本側彎症学会評議員、日本成人脊柱変形学会幹事、日本組織移植学会理事、日本疼痛学会評議員、東日本整形災害外科学会評議員、東日本組織移植ネットワーク世話人、神奈川痛みの研究会幹事、The International Society for the Study of the Lumbar Spine- Active member、The Society of Lateral Access Surgery (SOLAS)-member、米国整形外科基礎学会(ORS)- Active member、Editorial board Journal of Orthopaedic Science、Editorial board Spine Surgery and Related Research、厚生労働省:再生医療等製品の最適推進使用ガイドライン作成検討会構成員、外科系学会社会保険委員会連合:AI診療作業部会委員
[ 研究テーマ ]
脊椎外科手術法、筋骨格系の疼痛のメカニズム、骨癒合のメカニズム

  • 准教授
  • 内山 勝文
  • Uchiyama Katsufumi
  • 股関節外科、骨バンク、股関節周囲感染(人工股関節周囲感染)

股関節疾患を専門に診療させていただいております。変形性股関節症、関節リウマチ、大腿骨頭壊死症の患者さんが入院され、骨切り術や人工股関節置換術を数多く執刀させていただいております。特に同種骨移植(他人の骨を使用した移植手術)は人工股関節の再手術のときに大変有用であり、他の施設より多くの患者さんを紹介していただいております。また、人工股関節周囲に生じる感染症の基礎的な研究や、臨床研究、手術的治療も積極的に行っております。今後とも、患者さんのために貢献できればと考えておりますので、是非当院を受診していただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

[ 経歴 ]
1994年 北里大学医学部卒業、北里大学医学部整形外科入局、1996年 横須賀市浦賀病院、 1997年 横浜南共済病院、1998年 北里大学医学部整形外科学 助手、2000年 座間市中村整形外科、2002年 北里大学医学部整形外科学 助手、2005年 ドイツ フライブルク大学整形外科外傷科に1年間留学、2007年 北里大学医学部整形外科学 診療講師、2008年 北里大学医学部整形外科学 講師、2010年 北里大学医学部整形外科学 医局長、2013年 北里大学医学部整形外科学 診療准教授、2014年 北里大学医学部整形外科学 准教授
[ 学位・専門資格など ]
医学博士、日本整形外科学会専門医、インフェクションコントロールドクター
[ 研究テーマ ]
人工股関節、股関節周囲骨切り術、同種骨移植に関する臨床研究、人工関節周囲感染に関する基礎研究

  • 診療准教授
  • 中澤 俊之
  • Nakazawa Toshiyuki
  • 脊椎外科

脊椎、脊髄疾患を担当しております中澤俊之です。当院では脊椎、脊髄疾患全般を治療しております。代表的な疾患は側弯症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症、頚椎後縦靭帯骨化症、腰椎すべり症、腰椎分離症、透析や関節リウマチに伴うもの、馬尾神経腫瘍などを扱っており年間200例程度の手術を行っています。脊椎専門外来を火曜日と金曜日に行っておりますので是非ご相談ください。

[ 経歴 ]
1995年 北里大学医学部卒業、北里大学医学部整形外科入局、 1997年 横浜南共済病院、 1999年 北里大学医学部整形外科学 助教、 2010年 北里大学医学部整形外科学 診療講師、 2011年 北里大学医学部整形外科学 講師、2014年 北里大学医学部整形外科学 診療准教授
[ 学位・専門資格など ]
医学博士、 日本整形外科学会専門医、 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会認定指導医、東日本整形災害外科学会評議員
[ 研究テーマ ]
成人脊柱変形手術、脊椎固定術における骨癒合

  • 講 師
  • 相川 淳
  • Aikawa Jun
  • 膝関節外科、小児整形外科

膝関節疾患では変形性膝関節症や関節リウマチに対する人工膝関節置換術を年間100例程とスポーツ外傷による靭帯再建を行なっています。北里大学では【骨バンク】があり、同種骨移植を行ない可能な限り骨組織を温存した治療を目指しています。まず、手術をしない保存的治療を検討し、それでも痛みや機能が改善しない場合は手術治療を提供します。小児整形外科では先天性股関節脱臼や内反足などの治療、脳性まひ児における機能改善を目的とした手術療法を行なっておりますので、いつでも受診していただければと思っています。

[ 経歴 ]
1997年 北里大学医学部卒業、北里大学医学部整形外科入局、1999年 北本メディカルセンター病院、2000年 聖隷浜松病院、2001年 北里大学医学部整形外科学 助手、2011年 北里大学医学部整形外科学 診療講師、2018年 北里大学大学院修了、学位(医学博士)取得、2020年 北里大学医学部整形外科学 講師
[ 学位・専門資格など ]
医学博士、日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本整形外科学会認定リウマチ医
[ 研究テーマ ]
ガン性疼痛発生機序の解明、変形性膝関節症の病態解明

  • 講 師
  • 井村 貴之
  • Imura Takayuki
  • 脊椎外科

平成9年北里大学整形外科に入局し、平成13年より北里大学東病院で勤務し現在は、脊椎外科、骨粗鬆症を担当しています。脊椎脊髄病医、脊椎脊髄外科指導医を所得し脊椎外科全般の手術を年間約200例行っています。臨床研究では髄液中サイトカインの変化などを研究しています。
まだまだ整形外科の疾患の保存治療、手術治療も発展していますので乗り遅れないよう勉強し患者さんの力になれるよう頑張っていますのでよろしくお願いします。

[ 経歴 ]
1997年 北里大学医学部卒業、北里大学医学部整形外科入局、1999年 北本メディカルセンター病院、2000年 聖隷浜松病院、2001年 北里大学医学部整形外科学 助手、2011年 北里大学医学部整形外科学 診療講師
[ 学位・専門資格など ]
医学博士、日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会認定指導医、日本インストゥルメンテーション学会評議員
[ 研究テーマ ]
髄液中サイトカイン濃度の変化、脊椎固定術の骨癒合促進に関する基礎研究

  • 講 師
  • 松浦 晃正
  • Matsuura Terumasa
  • 救急、外傷外科

私は整形外科の中で救急外傷を担当しております。外傷(けが)の中でも緊急で処置が必要な疾患(開放骨折など)の治療を主に行っております。患者中心の医療を常に心がけております。

[ 経歴 ]
1999年 北里大学医学部卒業、北里大学医学部整形外科入局、 2009年 北里大学大学院医療系研究科修了、学位(医学博士)取得、 2009年 北里大学医学部整形外科学 助教、 2012年 北里大学医学部整形外科学 診療講師
[ 学位・専門資格など ]
医学博士、 日本整形外科学会専門医
[ 研究テーマ ]
骨折治療に関する臨床的・基礎的研究

  • 講 師
  • 小沼 賢治
  • Onuma Kenji
  • 上肢、関節リウマチ

私は整形外科で手、肘関節、関節リウマチを担当している、小沼賢治と申します。主に、肘から指先までの怪我、関節の痛み、しびれ等について外来診療、手術、研究を行っています。手術を受けるということは患者様にとって非常に勇気がいることであると思います。しかし、本邦および世界の先人たちの長年の研究成果から、病状によっては適切な手術を受けることによって劇的に症状が消失、改善することが分かっていることも事実です。私にとっても患者様にメスを入れるということは非常に勇気がいることです。手術が有効であるか十分に検討した上で、患者さんの術後の笑顔を思い浮かべ、鬼手仏心の思いで手術に望むようにしています。また、手術では改善が見込めないと判断した場合には、注射や内服薬による積極的な治療で患者様が納得行くまで、あるいは症状が安定するまで治療するように心がけています。場合によっては近隣の信頼できる先生をご紹介させていただくこともございますが、手や肘の痛み、しびれ、怪我などでお困りでしたら是非ご相談ください。

[ 経歴 ]
1998年 杏林大学医学部卒業、杏林大学第二内科 内科研修、 2001年 北里大学整形外科 整形外科研修、 2009年 北里大学大学院医療系研究科博士課程修了、 2010年 北里大学医学部整形外科学 助教、 2012年 北里大学医学部整形外科学 診療講師、 2014年 北里大学医学部整形外科 講師
[ 学位・専門資格など ]
博士(医学)北里大学 甲第745号 日本整形外科学会専門医 日本整形外科学会リウマチ医 日本リウマチ学会専門医 日本体育協会スポーツドクター 身体障害者福祉法第15条指定医
[ 研究テーマ ]
同種骨軟骨組織の保存方法の研究

  • 講 師
  • 宮城 正行
  • Miyagi Masayuki
  • 脊椎外科、脊柱側わん症、骨粗鬆症

脊椎、脊髄疾患並びに骨粗鬆症を担当しております宮城正行です。超高齢化社会と言われる昨今、脊椎、脊髄疾患や骨粗鬆症などで痛みやしびれにお悩みの方が増えていることと思います。私は今まで、脊椎外科手術や疼痛治療に携わり、研鑽を積んで参りました。日々の診療では、皆様がお困りの症状を少しでも改善するように、皆様のお話をよく聞き、よく考え、保存的治療から手術治療までわかりやすく、説明するように心がけております。まだまだ、未熟なところはありますが、ともに悩みともに戦いたいと思っておりますので、痛みやしびれでお困りの方は是非、ご相談ください。

[ 経歴 ]
2003年千葉大学医学部卒業、千葉大学医学部整形外科入局、 2012年千葉大学大学院修了、学位(医学博士)取得、 2012年カナダMcGill大学Alan Edwardsペインセンター博士研究員、 2013年独立行政法人医薬品医療機器総合機構医療機器審査第二部臨床担当、 2014年北里大学医学部整形外科学助教
[ 学位・専門資格など ]
医学博士、日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、International Society for the Study of the Lumbar Spine (ISSLS) Active member
[ 研究テーマ ]
椎間板性腰痛を中心とした慢性運動器疼痛疾患のメカニズム、脊椎アライメントと疼痛、骨粗鬆症の疼痛メカニズム
[ 国際賞 ]
18th EFORT Congress, the EFORT Jacques Duparc Award受賞
World Forum for Spine Research 2010 Best Oral Presentation Award受賞
39th International Society for the Study of the Lumbar Spine (ISSLS) Prize受賞
41st International Society for the Study of the Lumbar Spine (ISSLS) Prize 受賞

  • 講 師
  • 齋藤 亘
  • Saito Wataru
  • 脊椎外科、脊柱側わん症

脊椎を担当させて頂いております齋藤亘と申します。背中の痛みや神経痛を患ったご経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。当教室では、頸椎から腰椎の疾患、神経の腫瘍、脊柱変形まで様々な疾患の治療を行っております。脊椎疾患は、痛みの原因を突き止めることがもっとも重要と考えております。その上で、一人ひとりの患者様にあわせた保存療法(内服、外用、リハビリテーション)で可能な限り治療をさせていただき、必要であれば適切な手術療法をご提案させていただきます。基礎研究では、骨折の治癒促進方法の探索に取り組んでおり、脊椎圧迫骨折の治療にも活かせるのではないかと研究中です。臨床研究においては、様々な側弯症の治療に関する研究を中心に取り組んでおります。背骨のことでお悩みの方は、当科の脊椎専門外来までご相談ください。

[ 経歴 ]
2004年 北里大学医学部卒業、北里大学病院にてスーパーローテーション研修、2006年 北里大学医学部整形外科入局、2011年 北里大学医学部整形外科学 助教、2015年 学位(医学博士)取得、2015年 Rady Children's Hospital留学、2017年 北里大学医学部整形外科学 講師
[ 学位・専門資格など ]
医学博士、日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医
[ 研究テーマ ]
神経筋原性側弯症に関する臨床研究、脊椎脊髄疾患の臨床研究、骨折治癒促進

  • 診療講師
  • 見目 智紀
  • Kenmoku Tomonori
  • 上肢(肩、肘関節外科)、スポーツ

この度北里大学整形外科にお世話になる事になりました見目智紀(けんもくとものり)と申します。出身大学は千葉大(平成14卒)で、平成23年4月より北里整形外科に赴任させて頂きました。野球が盛んな千葉の土地柄で少年野球や高校球児の治療に携わる事が多く、成長期の運動期障害に対する治療も行っておりました。専門は上肢(肩、肘、手)、スポーツ整形になります。肩関節周囲炎や腱板断裂、肩関節脱臼の治療、スポーツの分野では投球障害肩、野球肘、テニス肘に対する治療はリハビリテーションを中心に行い、手術が必要な際には関節鏡を用いた低侵襲の治療を行っております。整形外科の治療は機能の再建が中心です。リハビリテーションと必要に応じた手術加療(関節鏡、人工関節置換術等)を行い、上肢では疼痛改善だけでなくできる限りの日常生活の改善を、スポーツでは再発予防を第一に「怪我する前よりも上手く、強く」を目標に頑張りたいと思います。治療は医師と患者さんとで作り上げるものだと思っております。是非色々とご相談下さい。

[ 経歴 ]
2002年千葉大医学部卒業、千葉大学医学部整形外科入局、 2003年 熊谷総合病院、 2004年 塩谷総合病院、 2005年 上都賀総合病院、 2006年 千葉県こども病院、 2007年 千葉県がんセンター麻酔科、長生病院整形外科、 2008年 千葉大学病院リハビリテーション部 、 2011年 千葉大学大学院修了、学位(医学博士)取得、 2011年 北里大学医学部整形外科学 助教
[ 学位・専門資格など ]
医学博士、 日本整形外科学会専門医、 日本体育協会公認スポーツドクター、 ペスカドーラ町田、湘南ベルマーレチームドクター、 千葉大アメフト部チームドクター(2008-2010)、 フットサル日本代表チームドクター(2009-2010)
[ 研究テーマ ]
Cine MRIによる肩関節動作解析、絞扼性末梢神経障害に対する先取り鎮痛の有効性
[ 国際賞 ]
13th EFORT at Berlin Jaque Duparc Award

  • 診療講師
  • 福島 健介
  • Fukushima Kensuke
  • 股関節外科、スポーツ、骨バンク

股関節外科を担当させていただいております、福島健介です。糸満盛憲前教授の元で研鑽を積ませていただき、人工関節、骨切り術の執刀も数多くさせていただいています。また、現在股関節分野で注目されている、FAI(Femoroacetabular impingement)、股関節唇損傷、スポーツ股関節障害に対しての診療も積極的に行っております。患者さんの為に貢献できるよう、最善の努力をしてまいりますのでよろしくお願いいたします。

[ 経歴 ]
2002年 北里大学医学部卒業、北里大学医学部整形外科入局、2005年 国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院整形外科、2007年 北里大学医学部整形外科学 助教、2011年 Department of Orthopedic Surgery, University of Bern, Inselspital留学、2017年 北里大学医学部整形外科学 診療講師
[ 学位・専門資格など ]
医学博士、日本整形外科学会専門医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本整形外科学会運動器リハビリテーション認定医、義肢装具等適合判定医、身体障害者福祉法指定医、日本股関節学会学術評議員、日本股関節鏡研究会世話人、日本整形外科学会変形性股関節症ガイドライン策定委員、AO trauma alumni member、ペスカドーラ町田(Fリーグ)チームドクター、北里大学病院骨バンクメディカルディレクター
[ 研究テーマ ]
股関節疾患の疼痛の病態に関する基礎、臨床研究、股関節疾患の臨床研究(主に臼蓋形成不全、FAIの病態、股関節唇損傷)、人工股関節の固定性に関する基礎的研究、整形外科術前シミュレーションツールとしての3次元モデルの開発

  • 診療講師
  • 岩瀬 大
  • Iwase Dai
  • 小児整形外科、膝関節外科

小児整形、膝関節を専門にしている岩瀬大と申します。膝関節に関しては高齢者における、人工膝関節置換術や骨切り術をはじめ、スポーツの分野においては関節鏡手術や、靭帯再建術などを行っております。また小児整形は自分が整形外科を目指した頃から、携わりたいと思っていた分野であります。なんといっても子供たちの明るい笑顔に少しでも触れあいたい気持ちが一番です。特に脳性麻痺の患者さんにおいては、日本での第一人者である松尾隆先生(南多摩整形外科)に御教授を頂いており、積極的に治療にあたらせてもらっております。子供は自分たちからすべてのことを訴えられません。ご家族の方たちが少しでも気になることがあったら、是非当院にいらしてください。少しでもお役にたてれば幸いです。

[ 経歴 ]
2003年 北里医学部卒業、北里大学医学部整形外科入局、 2009年 横浜総合病院整形外科、 2011年 北里大学医学部整形外科学 助教
[ 学位・専門資格など ]
日本整形外科学会専門医
[ 研究テーマ ]
脳性麻痺における動作解析

  • 助 教
  • 河村 直
  • Kawamura Tadashi
  • 救急、外傷外科

河村 直(かわむら ただし)と申します。
北里大学卒業後、北里大学病院・東病院でいろいろと学ばせて頂き、去年1年間は埼玉県北本市にあります北里研究所メディカルセンター病院へ出向させて頂きました。
本年4月より北里大学病院救命救急センター配属となりました。 救命救急センターという特性上、重症の方が対象となりますのでなかなかみなさんとお目にかかる事が出来ないかもしれませんが、 見かけた際は是非お声掛けください。
救急整形外科では主に多発外傷を中心に診療しております。
整形外科と言えば、骨折をメインとした外傷治療は欠く事のできない重要な分野です。
まだまだ若輩で未熟者ですが、一生懸命頑張りたいと存じます。
どうぞ宜しくお願い致します。

[ 経歴 ]
2003年 北里医学部卒業、北里大学医学部整形外科入局、2009年 北里大学医学部整形外科学 助教、2011年 北里研究所メディカルセンター病院、2012年 北里大学医学部整形外科学 助教
[ 学位・専門資格など ]
日本整形外科学会専門医
[ 研究テーマ ]
DVT(深部静脈血栓症)

  • 助 教
  • 高野 昇太郎
  • Takano Shotaro
  • 膝関節外科

膝関節外科を担当させて頂いております高野 昇太郎と申します。
我が国には変形性膝関節症の患者さんがおよそ2400万人、そのうちで痛みを伴う患者さんが820万人いらっしゃることが分かっています。膝関節は体重を支える重要な関節であり、そこに痛みがあるということは患者さんの歩行能力、ひいては生活の質(QOL)を低下させる恐れがあります。私はこれまでに、変形性膝関節症における痛みの発生機序を解明すべく研究を行ってまいりました。当科では変形性膝関節症に対して、手術をしない保存的加療に加え、人工関節置換術や自身の関節を温存する骨切り術などの治療を行っております。膝関節の痛みでお悩みの方々に、それぞれの生活スタイルなどに合わせた治療法のご提案をできるよう、ますます注力してまいりますので、何卒よろしくお願い致します。

[ 経歴 ]
2008年 北里大学医学部卒業、北里大学病院初期研修医、2010年 北里大学医学部整形外科学入局、2015年 町田市民病院、2018年 くろさわ病院、2019年 北里大学大学院修了、学位(医学博士)取得、相模台病院、2020年 北里大学医学部整形外科学 助教
[ 学位・専門資格など ]
医学博士、日本整形外科学会専門医
[ 研究テーマ ]
変形性膝関節症における疼痛発生機序の解明

  • 助 教
  • 白澤 栄樹
  • Shirasawa Eiki
  • 脊椎外科、脊柱側わん症

脊椎外科、脊柱側弯を担当させて頂く白澤 栄樹(しらさわ えいき)と申します。
2017年度より脊椎外科として頸椎~腰椎疾患、側弯症などを主に担当しております。
当科の脊椎外科は高相教授を中心に7名で日々外来・手術カンファレンスや病棟回診を行っております。また積極的に全体カンファレンスを行うことで患者様の病態を脊椎外科主治医だけでなく、病棟医、看護師、理学・作業療法、薬剤師、ソーシャルワーカーなど全体で把握しチーム医療を積極的に行っております。
チーム医療を積極的に実践することで外来診療においても入院・手術療法においても、患者様に真摯に対応し、安心して治療を受けて頂けるように努めていきたいと思っております。
脊椎疾患・側弯症でお悩みの患者様は、ぜひ一度ご相談して頂ければと思います。

[ 経歴 ]
2010年 北里大学医学部卒業、北里大学初期研修医として研修、2012年 北里大学整形外科入局、北里大学東病院、2013年 北里大学救命救急科に整形外科医として出向、2014 北里大学病院(病棟チーフ、サブチーフ)、2017年 北里大学整形外科 助教
[ 学位・専門資格など ]
日本整形外科学会専門医
[ 研究テーマ ]
脊椎脊髄病、側弯症など

  • 助 教
  • 大竹 悠哉
  • Otake Yuya
  • 上肢(手、肘関節外科)

整形外科の対象は脊椎、肩、肘、手、股関節、膝、足など多岐にわたり、それぞれが専門分野として役割を担っております。私は一般整形外科を学ぶ中で手外科に興味を持ち、手外科疾患を中心に外来診療、手術を行っております。人の生活において手の機能は大きな役割を持ち、繊細な動きや感覚が要求されます。手の症状は人それぞれであり疾患も多岐にわたります。患者様個人個人の病態を理解し診療にあたることを心がけております。また、当院は作業療法士(セラピスト)によるリハビリテーションも充実しており、少しでも手の機能再建につながるよう一丸となって診療させていただきます。

[ 経歴 ]
2013年 北里大学医学部卒業、2013年 北里大学病院 臨床研修、2015年 北里大学医学部整形外科学入局、2017年 JCHO東京城東病院、2020年 北里大学医学部整形外科学 助教
[ 学位・専門資格など ]
日本整形外科学会専門医
[ 研究テーマ ]
新鮮凍結屍体を用いた臨床解剖、手根管症候群

  • 助 教
  • 目時 有希恵
  • Metoki Yukie
  • 小児整形外科

[ 経歴 ]

[ 学位・専門資格など ]

[ 研究テーマ ]